写真と動画で見るトスカーナ州|コントゥッチ第7回お届けワイン

イタリアワイン通信講座 第6期生の皆さま

お届けするトスカーナ州のワインについて
私たちが実際に取材し撮影した現地の風景、造り手であるコントゥッチをご紹介します。

 

DJI_0039
トスカーナ州、モンテプルチャーノの町並み。高台になっており、町の中心地の標高は約600mもあります。

 

DJI_0041
町の中心の大広場、Piazza Grande。塔のある一番大きな建物がドゥオーモ。 ドゥオーモの向かって右手が市庁舎。 ドゥオーモの向かって左手がコントゥッチ。 町のど真ん中にあるワイナリーです。

 

IMGP5798
モンテプルチャーノのドゥオーモとその右手に市庁舎。大広場は年季が入った石畳。
IMGP0261
正面がコントゥッチのお屋敷兼カンティーナ。建物の着工は1517年。右手にはドゥオーモ。
IMG_0228
建物の中庭は吹き抜けの空間。
IMGP0286
お屋敷内のフレスコ画の部屋。バロック時代のフレスコ画の巨匠アンドレア・ポッツォによって描かれました。現在でもコンサートや結婚式などの際に使用しているそうです。
IMG_0255
右手がコントゥッチの建物の裏側。こうしてみるととても高さがあることがよくわかります。上層階は現在でも住居として使っています。
IMG_0146
左がコントゥッチの当主アンドレア・コントゥッチ氏。1008年から続く貴族の末裔です。人が立つと樽の大きさがよくわかりますね。

 

IMG_0152
大樽が並ぶコントゥッチのカンティーナ内。

 

IMGP5828

IMGP5850
エレガントなデザインのラベル。スティルワインは現在5アイテム造っています。

 

IMG_1763
古いヴィンテージが置かれている秘蔵の貯蔵庫。1960年代のワインもあります。すべて非売品です。
IMGP0332
Vino Nobile di Montepulciano の主要品種 プルニョーロ・ジェンティーレ(サンジョヴェーゼ)。

IMGP0350

IMGP0394
たわわに実るコロリーノ。色付け効果で使われる補助品種です。

IMGP0354

IMGP5783
町には中世の美しいアーチが多く見られます。
IMG_0120
Vino Nobile di Montepulciano は1980年に初めてDOCGに認定されたワインの一つ。ワインの伝統的な歴史があり、町にはエノテカが並びます。
IMG_0122
主に売られているのはこの辺りのワイン、Vino Nobile di Montepulcianoや、Brunello di Montalcinoなど。

IMG_0121

写真と動画で見るトスカーナ州|ピエトロ・ベコンチーニ第7回お届けワイン

イタリアワイン通信講座第6期生の皆さま

お届けするトスカーナ州のワインについて、
私たちが実際に取材し撮影した現地の風景、造り手であるピエトロ・ベコンチーニをご紹介します。

DCIM100MEDIADJI_0024.JPG
フィレンツェとピサの間に位置するサンミニアート

DCIM100MEDIADJI_0026.JPG

DCIM100MEDIADJI_0028.JPG
アグリツーリズモも併設されているカンティーナ

DCIM100MEDIADJI_0031.JPG

img_0025

DCIM100MEDIADJI_0032.JPG
このエリアはワインだけでなく白トリュフの産地としても有名
img_0037
サンジョヴェーゼ
img_0044
いろいろな種のブドウが混植されている畑
img_0132
畑の地中から出てきた貝殻
img_0110
トスカーナらしい糸杉が並ぶ光景
img_0208
3代目当主レオナルド氏
img_0194
ペッパー入りのサラミ
img_0199
生ハムとリンゴ
img_0218
猫たちもカンティーナを見守る
imgp9786
表土にも貝殻が!
img_0201
フォルマッジ・トスカーニ

img_0062
img_0099
imgp9822
img_0113
img_0109

img_0193

imgp9893
伝統的なセメントタンク
imgp9875
バリック(小樽)と中樽
imgp9733
ヴィア・フランチジェーナという巡礼路を示す木の看板

 

第7回お届けワイン グラスとの相性について

イタリアワイン通信講座 第6期生のみなさま

第7回はトスカーナのワインを2本お送り致します。弊社スタッフも4種のグラスで試飲してみました。皆様も各グラスごとに香りや味わいの特徴を掴んでみて下さい。
IMGP9930Chianti DOCG “ANTICHE VIE” 2016
キャンティ “アンティーケ・ヴィエ”2016

<中くらいのバルーン型>
香り、味わいと共に非常にバランスがよく、サンジョヴェーゼらしいスミレの香りや、 このワイン特有の小梅のようなニュアンスがきれいに伝わりやすい。

<大きめのボルドー型>
凝縮した香りが印象的。サンジョヴェーゼの品種の特徴が伝わりやすい。
中くらいのバルーン型に比べ、より酸やタンニンを感じられるので、お料理に合わせる時や、しっかり目に味わいたい場合などにはこちらのグラスを使用するとよい。

<小さめのチューリップ型>
梅しそ、ざくろの香りがつまっているように感じられる。酸味が一番際立つ。

<ブルゴーニュ型>
酸味は穏やかに感じられ、柔らかい印象になる。時間が経つと香りや味わいがぼやけてしまいがち。

 

IMGP9933

コントゥッチ|ロッソ・ディ・モンテプルチャーノ 2015
Contucci Rosso di Montepulciano DOC 2015

<大きめのボルドー型>
複雑な香りが大変よく広がる。 タンニン、酸、果実味のそれぞれの要素が非常にバランス良く感じられる。

<中くらいのバルーン型>
サンジョヴェーゼらしい赤系ベリー、特にイチゴのような果実の香りが印象的。口当たりは柔らかく、タンニンを滑らかに感じることができる。

<小さめのチューリップ型>
赤系果実のかわいらしい香りがとれるが、タンニンはやや強めに感じられる。

<ブルゴーニュ型>
このワインにとってはリムが大き過ぎるため、やや香りがぼやけてしまう。

写真と動画で見るプーリア州|第12回お届けワインについて

イタリアワイン通信講座第5期生のみなさま

イタリアワイン通信講座 第12回は、最終回となるプーリア州を私たちが実際に取材し撮影した現地の風景を写真と動画でご紹介します。

DJI_0031
プーリア州は州土の50%以上が平野。平らな大地が続きます!
DJI_0028
ブドウ栽培も盛んですが、オリーブ畑も驚くほど多く見られます。その生産量はイタリアNo.1 !!
IMG_9168
白い粘土質のネグロアマーロの畑。
IMG_9151
ネグロアマーロ

IMG_9152
IMG_9160

IMG_9196
古木のプリミティーヴォ。鉄分を多く含んだ赤土の土壌はプリミティーヴォの栽培に向いています。
IMG_9191
木に生ったままアパッシメントされたプリミティーヴォ。糖度が高まり、凝縮感が増します。こちらでは生産者カリートロの”AUSILIO”が造られます。

IMG_9192

IMG_9204
日本でもお馴染みの魚介を生で食べます。味付けは塩コショウ、オリーブオイル、レモン。
IMG_9253
旧市街にある偉大なロマネスク建築、サン・ニコーラ聖堂。バーリの”守護聖人”がサン・ニコーラであるとのこと。

IMG_9251

IMG_9254

IMG_9280
バーリ港は、バルカン諸国や中東へ向けた重要な玄関口。多くのヨットが並んでいます。
IMG_9249
プーリア州第の港町、ターラント。
IMG_9248
ターラントは軍港の町。プリミティーヴォ・ディ・マンドゥーリアの産地はターラント県に位置します。
IMG_9250
町には南国情緒漂うヤシの木が多く見られます。

第12回ワイン グラスとの相性について

イタリアワイン通信講座第5期生のみなさま

第12回はプーリア州のワインと偉大なワインをお送りいたしました。弊社スタッフも4種のグラスで試飲してみました。

皆様も各グラスごとに香りや味わいの特徴を掴んでみて下さい。一番右側(ボトルに近い方)からおすすめ順で並べていますので、どうぞご参考に。
4期_12回Viginバルバレスコ_IMGP9413Vigin Barbaresco DOCG “Montersino” 2012
ヴィジン|バルバレスコ “モンテルシーノ” 2012

<ブルゴーニュ型>
香りに複雑性が感じられ、ワインのポテンシャルが最大限に発揮される。時間が経ってもバランスが崩れない。

<中くらいのバルーン型>
4つのグラスの中では1番口当たりが柔らかい印象。香りの広がりも良い。

<ボルドー型>
タンニンや果実味が力強く感じられるようになるため、しっかりめのお肉などに合わせるなら、こちらのグラスがオススメ。

<小さめのチューリップ型>
グラスが小さ過ぎてこのワインのポテンシャルを発揮できない。

 

4期_12回タガーロ_IMGP9420

 

TAGARO|Primitivo di Manduria DOC 2016
タガーロ|プリミティーヴォ・ディ・マンドゥーリア ピニャターロ プリミティーヴォ2016  ※未発売品

<中くらいのバルーン型>
品種の特徴であるイチゴジャムやプラムのような熟した黒系果実の香りが感じとれる。タンニンもキメ細かく、滑らかな舌触り。全体的にバランスが良い。

<大きめのボルドー型>
口当たりが非常にやわらかく感じる。全体的にまとまりのある香りが綺麗に広がる。

<ブルゴーニュ型>
時間の経過と共に香りが広がっていき、変化が楽しめる。味わいは柔らかい印象になり、余韻に残る酸味が綺麗に伸びる。

<小さめのチューリップ型>
4つのグラスの中では、香り、味わい共にコンパクトにまとまってしまう印象。

このプリミティーヴォは、どのグラスで飲んでも十分満足のいく香りと味わいが楽しめるかと思います。「ワイン単体で飲む場合」や「合わせる食事」といったシーン別でお選びください。

また、バルバレスコについては私たちも偉大なワインだということを改めて感じることが出来ました!

1年を通してイタリアワインに触れてきましたが、これらはほんの一部です。引き続きいろいろなワインを試し楽しみながら、この先もイタリアワインの深い世界に浸っていただけたらと思います。

 

写真と動画で見るロンバルディア州|第6回お届けワインについて(ペルラ・デル・ガルダ)

イタリアワイン通信講座第6期生のみなさま
イタリアワイン通信講座 第6回は、ロンバルディア州の作り手(ペルラ・デル・ガルダ)について、
私たちが実際に取材し撮影した現地の風景を動画と写真でご紹介します。

 

DJI_0001
周りには高い山もなく、なだらかな平地が続くエリア。
DJI_0006
畑の真ん中にあるのは水が湧き出てできた小さい湖。今も水が湧き出ており、この辺りにはちょこちょこあるそうです。

 

IMGP0588

IMG_1897
ペルラ・デル・ガルダ=ガルダ湖の真珠 という名のワイナリー。

 

IMGP0593
畑は約30ヘクタール。トレッビアーノ・ディ・ルガーナのほか、シャルドネ、メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨンといった国際品種や、レボという土着品種を栽培しています。
IMG_1917
樹と樹の間の間隔が広く、日がしっかりと当たる畑。

 

IMGP0605
トレッビアーノ・ディ・ルガーナ

 

IMG_6808
モダンでおしゃれな造りのワイナリー。

 

IMG_0278
コレクションも置かれています。

 

IMGP1475
オーナーのジョヴァンナさん。
IMGP1476
圧搾機
IMGP1482
自重で下の階にあるステンレスタンクに移すことによって、ブドウジュースへのストレスを軽減させています。
IMGP0622
ピカピカにお手入れされた発酵用のステンレスタンク。

 

IMGP1493
オシャレに整備された貯蔵庫。
IMG_1305
ジョヴァンナさんがデザインしたオリジナルスタイルのボトル。ラベルにはパールのモチーフ。

第6回お届けワイン|グラスとの相性について

イタリアワイン通信講座第6期生のみなさま

第6回は様々なタイプのワインを2本お送り致します。弊社スタッフも4種のグラスで試飲してみました。皆様も各グラスごとに香りや味わいの特徴を掴んでみて下さい。

IMGP6851a

Perla del Garda Garda DOC Chardonnay Spumante“BRIO”
ペルラ・デル・ガルダ|ガルダ シャルドネ スプマンテ “ブリオ”

<ボルドー型>
柑橘系の華やかな香りがきれいに一番感じやすい。口に含むとクリーミーな泡とハチミツのニュアンスが心地よい。
余韻に酸味が伸びることで、全体のバランスが整っている。

<チューリップ型>
ハツラツとした泡が印象的でフレッシュな果実味と酸味のバランスが良い。ボルドー型とはまた違った印象。

<中くらいのバルーン型>
香りは非常に良く感じ取れるが、時間が経つにつれてバランスが崩れ後味がぼけてしまう。

<ブルゴーニュ型>
注ぎたての香りは良いが、ボウルが大きいため泡も抜けやすく味も次第にぼけてくる。

lecime
RICCHI Alto Mincio IGT Passito Bianco “Le Cime”
リッキ|アルト・ミンチオ パッシート・ビアンコ ”レ・チーメ”  2013

選ぶポイントは、このデザートワイン特有の濃厚な香りのキンカンや杏、オレンジピールのような香りが心地よく感じられるグラス。また甘いだけでなく、酸味とのバランス、飲んだ後の余韻も評価のポイントとしました。

<中くらいのバルーン型>
香りの凝縮感が感じられる。また、香りと甘みのバランスもよく感じられる。

<小さめのチューリップ型>
香りの凝縮感は一番まとまりよく感じられる。

<ブルゴーニュ型><大きめのボルドー型>
バランスが崩れがちになる。

通常デザートワインは、小さめのグラスで飲むケースが多いです。
今回大きいグラスが良いと感じたのは、試飲をしたタイミングが食前であったことも影響しています。よって上記はワイン単体でのティスティングの感じ方です。

食事をした後の満腹の時には、より濃い味わいが感じられる小さいグラスのほうが向いていると感じられることもあるかと思います。
このように、状況によっても選ぶグラスは変わってきます。
また、温度が高いと酸がだれて感じ、甘さばかりが重く感じるので、6~8度ぐらいに冷やしておくのがポイントです。
皆さまの感想はいかがでしたでしょうか?

写真で見るロンバルディア州|第6回お届けワインについて(リッキ)

イタリアワイン通信講座第6期生のみなさま
イタリアワイン通信講座 第6回は、ロンバルディア州の作り手(リッキ)について、
私たちが実際に取材し撮影した現地の風景を写真でご紹介します。

IMGP2153
CANTINA RICCHI(カンティーナ リッキ) ロンバルディア州 ガルダ湖の南側に位置します。
IMGP0986
メルローの畑
CIMG1748
メルローの収穫。2015年の取材日当日9/1が収穫日でした。

 

IMGP2145
メルローの房

IMGP8775

EDIT_IMGP0964
シャルドネ

 

IMGP2058
ブドウの房が重ならないように平らなプラスチックのカゴに丁寧に入れられます。
IMG_3026
清潔に保たれた乾燥室

 

IMGP8759
乾燥させ、アパッシメント効果により凝縮したブドウになります。

 

downsize_IMGP2093
アルコール発酵はステンレスタンクで行われます。

 

IMGP2073
ソフトプレス機
IMGP2110
トノーの置かれた熟成庫
IMGP2084
熱い想いを語るエレナさん

downsize_IMGP2160

写真で見るカンパーニア州|第11回

イタリアワイン通信講座第5期生のみなさま

イタリアワイン通信講座 第11回は、カンパーニア州について現地の風景、造り手をご紹介します。

IMG_0207
ナポリで一番広く開放的なプレビシート広場とサン・フランチェスコ・ディ・パオロ聖堂
a1
南イタリアの重要な港の拠点・ナポリ湾とカンパーニア州を代表するヴェスーヴィオ火山
世界中で愛されているイタリア料理の代表・ピッツァ
世界中で愛されているイタリア料理の代表・ピッツァ
DJI_0042 - コピー
カンパーニア州を代表する観光地 青の洞窟で有名なカプリ島
IMG_0517
カプリ島の名物料理「ホウボウのアックアパッツァ」
DJI_0022 - コピー
温泉地としても有名なイスキア島とアラゴネーゼ城(手前)
ソレント
カンツォーネ「帰れソレントへ」で名を馳せるソレントの港町
ポジターノ
断崖に張りつくようにできた可愛らしいポジターノの町
Amalfi 2 - コピー
ユネスコ世界遺産に登録されているアマルフィ海岸の中心都市アマルフィは映画の舞台でもよく使われる
サレルノ湾に面する陶器の町、ヴィエトリ・スル・マーレ
サレルノ湾に面する陶器の町、ヴィエトリ・スル・マーレ
マヨルカ焼きの陶器工房
マヨルカ焼きの陶器工房
panorama-1a
オッピダ・アミネアはサンニオ地区のベネヴェントにあり火山性土壌が特徴
vendemmia_2a
丁寧に手摘みで収穫される白ぶどう
OPPIDA-AMINEA-1a
コーダ・ディ・ヴォルぺの畑
snn-18--relazioni-1
畑の中にあるシンボルの双子の木

interno cantina_1  panorama_3

第11回ワイン(カンパーニア州のワイン編) グラスとの相性について

イタリアワイン通信講座第5期生のみなさま

第11回はカンパニーア州のワインを2本お送り致します。弊社スタッフも4種のグラスで試飲してみました。皆様も各グラスごとに香りや味わいの特徴を掴んでみて下さい。

OPPIDA AMINECampania IGT Fiano “SIMBIOTICO”
オッピダ・アミネア| カンパーニア・フィアーノ “シンビオティコ” 2016 ※一般販売はしておりません。

<ボルドー型>
パイナップルやリンゴといったフルーツの複雑な香りや、野菜ジュースのような香りが心地よく感じられる。。
余韻に伸びるきれいな酸味と溌剌としたミネラルがバランス良くまとまっている。

<ブルゴーニュ型>
ボールの大きさの効果で、非常に良い香りが広がる。。程よい力強さと繊細さが感じられる。口当たりもやわらかく旨味を一番感じることができる。

<チューリップ型>
ナッツや野菜ジュースのような香り。アタックには酸味を一番に感じやすい。

<中くらいのバルーン型>
香りがぼやけて要素を掴み取りにくい。

 

codaのコピーOPPIDA AMINEASannio DOC Coda di Volpe 2015
オッピダ・アミネア| サンニオ コーダ・ディ・ヴォルペ2015

<ボルドー型>
はちみつやドライフルーツ、キンカンなどの香りが華やかにバランス良く感じられる。
心地よい塩味と苦味、とろりとやわらかい口当たりでワインの良さを最大限引き立ててくれる。

<中くらいのバルーン型>
香りのバランスは非常に良い。味わいは苦味、塩味がやや強調される印象があるが、舌触りとしてはとろっとしているので、まろやな味わいに感じる。

<チューリップ型>
カリンやオレンジピールなどの柑橘系の香りがしっかりと感じられる。果実味の凝縮感のある締まった味わい。

<ブルゴーニュ型>
苦味が強調される。余韻は長く感じるが全体的に味わいのボリュームが平たくなってしまう。